スマートフォン用の表示で見る

ハントケ

読書

ハントケ

はんとけ

ペーターハントケ(Peter Handke)  オーストリアの作家。

1942年生。グラーツ大学法学部在学中に雑誌「マヌスクリプテ」創刊に参加、「観客罵倒」(66)や「カスパル」(68)などの《純粋言語劇》によってデビュー、70年代には小説に転向した。映画監督ヴィム・ヴェンダースとは親しい友人で、彼の作品に原作やシナリオでしばしば協力している。