ハンヴィー

一般

ハンヴィー

はんびー

M998高機動汎用装輪車の略称。「High-Mobility Multi-purpose Wheeled Vehicle」の頭文字HMMWVをハンヴィーと読む。

M151ジープの後継である他、M274、M561、M880等の軽中型トラック等も統合する目的で開発された。制式採用は1982年1985年から配備が始まり、2004年時点で14万両以上生産されている。本来のジープやトラックとして用いられる他、軽装甲を施したもの等、多種の派生型がある。

寸法は全長4.84m、全幅2.16m、車高1.87m。駆動方式は四輪駆動。車体構造はラダーフレーム構造。サスペンションは四輪独立懸架。エンジンはGMV8、6200cc、150馬力の水冷ディーゼルエンジン。

これの民生向けがハマー。

参考資料:『軍事研究』2004年9月号