ATPワールドツアー・ファイナル からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スポーツ

バークレイズ・ATPワールドツアー・ファイナル

ばーくれいずえーてぃーぴーわーるどつあーふぁいなる

[英] Barclays ATP World Tour Finals

バークレイズ・ATPワールドツアー・ファイナルは、プロテニスのATPワールドツアーの年間最終戦。レース・ランキングなどにより男子シングルス8名、男子ダブルス8組が選出され年間王者を決定する。

毎年11月に8日間にわたって行われる。

試合方式

ラウンドロビン」と呼ばれる1次リーグと決勝トーナメントの2種類によって優勝者を決め、全試合が3セットマッチ、タイブレーク方式で行われる。

ラウンドロビンは2つのグループに4人(組)ずつ分け、各グループ内で総当たり戦を行う。各グループ上位2人(組)が決勝トーナメントに進出する。

ラウンドロビンでの順位は以下の順で決定する。

  1. 勝ち星の数が多い選手
  2. 総試合数が多い選手*1
  3. 2人が同じ勝敗数の場合は直接対戦で勝った選手
  4. 3人が同じ勝敗数の場合はセット奪取率、ゲーム奪取率が高い選手

ATPポイント

この大会による獲得ポイントは、下記ポイントの累計となる。

従って全勝優勝すると、ラウンドロビンで3勝+準決勝で勝利+決勝で勝利=1,500ポイントを獲得することになる。

*1:2勝0敗1棄権と、2勝1敗の選手がいた場合、後者が上位