バーチャルウォーター

一般

バーチャルウォーター

ばーちゃるうぉーたー

食糧を輸入している国において、その食糧を生産しようとするときに必要な水の量を試算したもの。それに相当する量の水を間接的に輸入していると考えようとするもの。仮想水とも。

ロンドン大学のアンソニー・アラン教授によって提唱された概念。