バートン・クレーン

音楽

バートン・クレーン

ばあとんくれいん

バートン・クレーン(Burton Crane,1901-1963)

1901年1月23日生まれ。

戦前の日本で英字紙「ザ・ジャパン・アドバタイザー」紙の記者として活躍する傍ら、コロムビアレコードで多数のジャズ・ソングを吹き込む。代表作「酒が飲みたい/家へかへりたい」「ニッポン娘さん/おいおいのぶ子さん」など。

その後,ニューヨークタイムズ紙の経済記者、東京駐在特派員経済コラムニストとして活躍。

1963年2月3日病没。