バーロー

アニメ

バーロー

ばーろー

名探偵コナンの主人公の江戸川コナン(工藤新一)が言う「バカヤロウ」のこと。

元々は、原作者である青山剛昌の口癖だった。

現在は転じて、コナン本人や作品そのもの、を指す言葉でもある。

高山みなみ(←2005年青山剛昌氏と結婚、2007年離婚)が声を当てているキャラに対して使われることもある。



ちなみに、単行本(既刊56巻)の中で、実際にバーローが使用されている回数は、3回である。

使用回数が最多であるのは「バーロ」。

アニメにおいて「バーロ」を音声にして聞いた場合にバーローという発音に聞こえ、バーローが一般的に広まる結果になったのではないだろうか。


リスト::台詞



または、コロコロコミックで連載中の漫画「ウズマジン」に登場するキャラ・コゴローの口癖のこと。

ほか、植田まさしの昔の作品などによく使われていたことでも有名。

例「テメコノバーロー

藤子・F・不二雄ドラえもん」におけるエピソード「ホンワカキャップ」で、

悪酔いしたスネ夫ジャイアンを一蹴する貴重なセリフでもある。