バイオガソリン

サイエンス

バイオガソリン

ばいおがそりん

バイオマスに由来して、生物化学的に製造されたガソリン類似の燃料のことをいう。

一般的には、エチルターシャリーブチルエーテル?(ETBE)のことをさすことが多い。

空気と混合して、圧縮 点火というプロセスであるガソリンエンジンに使用するための燃料である。

ディーゼルエンジンには、点火プラグはない。そのために一般にはガソリン燃料と軽油に代表されるディーゼル燃料とは区別される)

石油石炭のような化石燃料ではないことを強調するために、バイオアルコール由来のジメチルエーテルDME)や、天然ガス由来の液体成分(GTL?)のようなディーゼルエンジンに使用される燃料まで含めてさすこともあるので注意が必要。

一般的なガソリンエンジンは、オットーサイクル機関が採用されている。マツダロータリーエンジン方式やミラーサイクル機関という方式を開発してきた。トヨタハイブリッドカーであるプリウスには、アトキンソンサイクル機関という方式が採用されている。