バイオシーパルス

一般

バイオシーパルス

ばいおしーぱるす

株式会社バイオシーパルス

福岡県福岡市博多区に本社を置く企業。

1994年2月設立。2000年10月からネットワーク事業に参入*1

社団法人日本訪問販売協会に正会員として、NPO法人日本波動科学研究会に賛助会員として参加。

キャッチコピーは「水・波動の株式会社バイオシーパルス」「いい情報を体に伝える株式会社バイオシーパルス」。

2008年5月27日付で、経済産業省より、特定商取引に関する法律の規定に基づき、6ヶ月間の一部業務を停止命令を受けた。

参考:

一部引用(2008年5月28日時点)

〜〜弊社波動商品に関する注意事項〜〜

「パワーウェーブ(波動情報発生器)」、「ウェーブクリーター(波動情報入力器)」は、家庭用電気機械器具であり、医療器・治療器ではありません。また波動情報水は、波動磁場が水に印加されているということは科学的に証明されているものの、個別の波動情報がどのように水に伝達されているのかということは、科学的に明確に証明されていません。その点につきましては、現在、製造会社により、科学者および有識者と共に研究が進められております。

バイオシーパルス波動情報水に対する考え方

【 定義 】

弊社は、人々の健康維持・促進の為、それぞれが持つ固有の波動波動エネルギー)を高めることを波動健康学と称し、健康を害する生活習慣を改善させることを目的としている。

波動波動エネルギー)とは 】

ハロルド・サクストン・バー博士が、あらゆる形あるものは全てライフフィールド(生命場)によって律せられていることを発見し、ウェインストック博士は、そのライフフィールドが発している固有の超微弱なエネルギーを発見した。私たちは、その超微弱なエネルギー波動波動エネルギー)と呼んでいる。

【 方法 】

健康に必要な磁場による波動波動エネルギー)を、水に印加し「磁場情報水」に変えて、一日2リットルから3リットルを毎日飲用する。

【 解説 】

人は、毎日の生活習慣の中で健康を害する、

ひずみ

ゆがみ

みだれ

を生み出している。日々の健康のため、波動健康学という見地から、波動波動エネルギー)を高めることで、よりよい生活習慣をつけることを提唱している。

【 まとめ 】

波動波動エネルギー)というものは、これまで解明の対象にならなかったことや、今の解明レベルでは、科学的にも医学的にも解明することが難解ということから、波動の存在を認める科学者の見解は存在するものの、具体的な科学的根拠あるいは医学的根拠を証明することが困難である。しかし、今、製造会社により、理解と関心を持った科学者と共に研究が進められ、解明されつつあり、いずれこの事実が証明されるに至ると弊社は確信している。またこのように、波動が科学的に否定されるものではないと弊社は考えている。


取り扱い商品

*1:公式サイト掲載の会社概要による。2008年5月27日時点