バイオハザード ディジェネレーション

映画

バイオハザード ディジェネレーション

ばいおはざーどでぃじぇねれーしょ

カプコンのゲーム『バイオハザードシリーズ』の劇場版フルCGアニメーション映画。

2008年10月18日から2週間の期間限定公開。

主人公はレオン・S・ケネディクレア・レッドフィールド

バイオハザード』『バイオハザード2』で起きたラクーンシティの事件から7年後の2005年の物語が描かれる。時系列としては『バイオハザード4』と『バイオハザード5』の間となる。

エンディングテーマは土屋アンナの「GUILTY」。


2012年10月、映画第2弾の『バイオハザード ダムネーション』が公開された。