BIOHAZARD 6 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

ゲーム

バイオハザード6

ばいおはざーどしっくす

カプコンより2012年10月4日に発売されたPlayStation 3/Xbox 360アクションアドベンチャーゲーム。2013年3月22日にWindows PC版が発売された。

バイオハザードシリーズのナンバリング作品としては『バイオハザード5』以来3年ぶりの新作。

概要

レオン・S・ケネディクリス・レッドフィールド、新キャラクターのジェイク・ミューラー、そして謎の女スパイであるエイダ・ウォンの4人が主人公で、それぞれの視点から複雑に絡み合う4つのストーリーが展開される。エイダ編以外の3つのストーリーでは、2人いるプレイヤーキャラクターから1人を選んで操作する。選択しなかったキャラクターはパートナーとしてプレイヤーに同行する。

世界規模で物語が展開されるが、メインの舞台となるのは中国沿岸部の街【蘭祥】(ランシャン)。「ゾンビの復活」がゲームのテーマの一つとなっており、セルビア語で悪魔を意味する「ジュアヴォ(J'AVO)」など新たな敵が登場する。

アクションも刷新されており、銃を構えている最中の移動も可能になった。プレイ中に入手できる「スキルポイント」を消費して役立つスキルを装備するスキルシステムも用意されている。オンラインで最大4人でのCo-op(協力)プレイはもちろん、オンライン環境がなくても2画面分割での2人協力プレイにも対応している。

シリーズ恒例の「ザ・マーセナリーズ」モードの他、プレイヤーがクリーチャー側となって他のプレイヤーのゲームに乱入する「エージェントハント」という新モードも追加された。

ストーリー

レオン

ラクーンシティで起きた事件から十数年後の2013年が舞台。合衆国大統領ラクーンシティ壊滅の真相を世間に公表しようとした矢先、会場で大統領を狙ったと思われるバイオテロが発生する。大統領の友人として、ラクーンシティ事件の証人として参加していた大統領直轄エージェントのレオン・S・ケネディは、バイオテロの被害に遭い変わり果てた姿となった大統領に対面することになる。女性に襲いかかろうと手を伸ばす大統領に対し、苦悩の中、レオンは銃弾を撃ち込む。大統領の亡骸を苦悶の表情で見つめるレオン。救出した女性は私がこの事件を引き起こしたと告白する。その女性は、レオンと同じ合衆国エージェントのヘレナ・ハーパーだった。

クリス編

アメリカ大統領講演会場での大規模なバイオテロと時を同じくして、対バイオテロ部隊“BSAA”隊長であるクリス・レッドフィールドは、ピアーズ・二ヴァンスら部下を率いて、未曾有のバイオテロに見舞われた中国沿岸部の街「蘭祥」(ランシャン)に降り立った。容赦なく襲い掛かってくる「B.O.W.(生物兵器)」に、隊員は次々と命を落としていく。

ジェイク編

東欧の紛争地域【イドニア共和国】では、青年ジェイク・ミューラーが傭兵として反政府軍に参加していた。そこで、反政府軍の兵士達に戦意高揚を謳った、得体の知れない"栄養剤"が配布される。投与後間もなく、兵士達の肉体に異常な変化が起き暴れ出したが、ジェイクにだけはなんの変化も起きない。襲いかかってくる兵士を退けたジェイクの前に、「バイオハザード2」に登場し、合衆国エージェントとなったシェリー・バーキンが突然現れる。彼女に頼まれ多額の報酬と引き換えに引き受けた依頼先で、ジェイクは"アルバート・ウェスカー"から引き継いだ"呪われた血"が自分に流れていることを知る。

エイダ編

上記3つの物語をクリアした後に選択できるようになる。

1998年、ラクーンシティの惨劇に巻き込まれたレオンの前に現われる謎の女性、エイダ・ウォン。彼女の目的は、シェリーの父親であるウィリアム・バーキン博士が開発していたG-ウィルスの情報入手と回収だった。そして2013年、謎めいた地下墓地でレオンとエイダは再会を果たす。

関連商品

バイオハザード6(特典なし)

バイオハザード6(特典なし)

バイオハザード6(特典なし)

バイオハザード6(特典なし)

カプコン バイオハザード6

カプコン バイオハザード6

BIOHAZARD 6 Special Package - PS3

BIOHAZARD 6 Special Package - PS3

BIOHAZARD 6 Special Package - Xbox360

BIOHAZARD 6 Special Package - Xbox360

BIOHAZARD 6 PlayStation 3 the Best - PS3

BIOHAZARD 6 PlayStation 3 the Best - PS3