スマートフォン用の表示で見る

バイオマスタウン

地理

バイオマスタウン

ばいおますたうん

バイオマスタウン

農林水産省が推進する、バイオマスを有効利用していこうとする地域指定地のことをいう。

「広く地域の関係者の連携のもと、バイオマスの発生から利用までが効率的なプロセスで結ばれた総合的利活用システムが構築され、安定的かつ適正なバイオマス利活用が行われているか、あるいは今後行われることが見込まれる地域」のこと。

国のバイオマス・ニッポン総合戦略推進会議が平成16年8月から募集を開始し、平成17年6月13日公表分も含めて全国で17市町村が公表されている。

 

その公表の基準
  1. 地域内に賦存する廃棄物バイオマスの90%以上、または未利用バイオマスの40%以上の活用に向け、総合的なバイオマス利活用を進めるものであること。
  2. 地域住民、関係団体、地域産業等の意見に考慮がなされ、計画熟度が高く、関係者が協力して安定かつ適正なバイオマス利活用が進むものであること。