スマートフォン用の表示で見る

バイストン・ウェル

一般

バイストン・ウェル

ばいすとんうぇる

富野由悠季によって創作された世界。

海と大地の間に存在するという異世界である。

魂の修練の場とされ、死者の魂はバイストン・ウェルにて新たな命として転生し、

バイストン・ウェルでの生を通じて浄化された魂が再び地上で新たな生を得るとされる。

(このあたりの設定については小説版が詳しい)

生まれる前、つまり、母親の胎内にいる頃にはその記憶を宿しているが、母親の胎内から出て、この世に出た瞬間に、その記憶は全て失われてしまうと言われている。

この世界を描くことは氏のライフワーク

…と言っていたが後に「逃げこむ場でしかない」という趣旨の発言にて否定。


富野監督の次回作はファンタジー作品というが果たして…?