バウムガルテン

読書

バウムガルテン

ばうむがるてん

アレクサンダー・ゴットリープ・バウムガルテン(独: Alexander Gottlieb Baumgarten、1714年 - 1762年)は、ドイツ思想家ライプニッツからの伝統を受け継ぎ、「美学」の創始者として知られる。

また彼の、あのイマヌエル・カントへの影響もまた夙に指摘されるところなのであるが、これについては何故か、クリスティアン・ヴォルフの「はてなキーワード」の項を参照されたく想うのだ(がこの理由はまさに、その参観という行為自体によって次第に、或いは急激に、明瞭ならしめらるるであろうと、我々はこの様に予めここに示しうるのである)。