スマートフォン用の表示で見る

バカッター

ウェブ

バカッター

ばかったー

ツイッターバカ発見器という意味で使った蔑称。もしくはツイッターで自身の犯罪行為をアピールするなどして馬鹿を晒す人。

経緯

ツイッターでは主に若年層のユーザーが未成年飲酒や飲酒運転など違法行為を犯したことを自らツイートし、それがリツイートされて炎上するということがしばしば起こっている。このように違法行為を自らネット上に拡散するという謎の行動をとるユーザーが頻繁に発見されることから、ツイッターはバカッターと揶揄されるようになった。

2013年の夏には、特に飲食店や食品販売店でユーザーが店の食べ物や設備に不適切な取り扱いをした画像をツイートしたものが多く発見され、毎日にように炎上が起こった。

なお、このように一定のコミュニティ事態へレッテル的に蔑称が名付けられることはネット上では以前からあり、「2ch脳」など数多く、互いの優越感ゲーム的な用法にも用いられている。