スマートフォン用の表示で見る

バケットシート

一般

バケットシート

ばけっとしーと

自動車の内装パーツの一つ。

標準シートよりも身体の保持性に優れた形状をしており、またクッションも固めなため路面の状況を掴みやすい。スポーツ走行をする場合の必需品。スポーツ車ではメーカ標準で設定されているものもあるが、社外メーカの製品も多く出ている。

その形状や目的により、フルバケットシートとセミバケットシートの二種類に分けられる。

フルバケットシート

シート全体が一枚の板で出来ているシート。

当然リクライニング出来ず、またクッションも最低限の薄さなので乗り心地はかなり窮屈だが、反面横方向のGに対してのホールド性は最高。また、シート自体の重量も標準シートに比べて軽いため、車体の軽量化という意味もある。

ヘルメットをかぶっての走行を想定しているため、通常は頭の上まで背もたれが伸びている形状をしている。また、肩付近には4点式シートベルトを通すための穴がある。

姿勢がまったく変えられないため、長時間のドライブには向かない。後部座席のある車種の場合、そのままでは車検に通らない場合もあるので注意が必要。

セミバケットシート

リクライニング機能のあるバケットシート

見た目はフルバケットシートだがリクライニングのあるシート(メーカ純正に多い)と、標準シートにサポート等を追加した形状の二種類に大別される。標準シートよりも細かいリクライニングの調整ができ、またクッションの固さと腰のサポートのおかげで長時間のドライブでも疲れにくくなる。反面、ホールドはフルバケットシートに比べて劣り、また、4点式シートベルトを装着する場合は加工が必要になる場合がある。

代表的なメーカ

RECARO・BRIDE?・SPARCO?


鉄道車両の内装パーツの一つ。

自動車の場合と同様、比較的固めの材質で乗客の身体に沿った形に整形されたシート。乗り心地改善のほか、特にロングシートで用いられる場合は座席定員を守らせる目的もある。