バサス・ダ・インディア

地理

バサス・ダ・インディア

ばさすだいんでぃあ

(Bassas da India)

インド洋モザンビーク海峡の南にあるフランス領無人島。島の面積0.2 km²のほとんどを環礁によって構成されている。南緯21度30分、東経39度50分に位置している。

1897年フランス領となった。1968年からレユニオン知事、2005年からはフランス領南方・南極地域 (TAAF) の上級行政官によって管理されている。最高地点は2.4mで、波が高いときは海面下に沈んでしまう。フランスはこの島により、123,700 km²の排他的経済水域を得ている。