スマートフォン用の表示で見る

バスティーユ

地理

バスティーユ

ばすてぃーゆ

Bastille

フランス語で城塞・要塞の意。固有名詞として、カタカナでこう書く場合、1789年7月14日にフランス革命の初動として襲撃された奴のことを指す。当時は監獄として使われており、圧政のシンボルとしてわかりやすかったので攻撃された。

その後取り壊されて現存せず。今は広場になっている。

牢獄の礎石が、地下鉄の駅に1箇所だけ残っている。