スマートフォン用の表示で見る

バッファロー吾郎

アート

バッファロー吾郎

ばっふぁろーごろう

木村明浩神戸市出身)、竹若元博京都市出身)。

大阪NSC第8期生。1989年結成。


プロレス、マンガ、テレビドラマといった自分達が愛してやまないものへのマニアックな知識と模倣を散りばめたネタで愛され絶大な支持を受けるお笑いコンビ。

両方ともメガネをかけ、いわゆる“Wメガネ”の走り。

コンビ名の名付け親は吉田ヒロ。旧名は「Wメガネミキ&愛眼」。


ユニット“吉本印天然素材”で活動。


テレビ出演は少ないものの、彼らがセルフプロデュースする定例の舞台イベントも数々あり、

2002年には梅田コマ劇場で「バッファロー吾郎特別公演〜木村ファミリー大いに笑う」、

2003年には大阪府立体育館で「ダイナマイト関西 全日本大喜利王決定トーナメント大会」を成功させる。

2008年には「キングオブコント」の初代王者に輝く。

ファン層は狭いながらリピーター率は非常に高いため、チケットは常に入手困難。


トリビア

  1. 志村けんの「アイ〜ン」ポーズに「アイ〜ン」という擬音をあと付けしたのは木村である。

 (2005年1月28日 『ナインティナインのオールナイトニッポン』で証言、ほっしゃん。も『アメトーク』等で証言。)

  1. 全くウケてなかった頃の友近を最初に評価して、『ホームラン寄席』等の舞台に頻繁に出演させたのはバッファロー吾郎

 友近自身も「今の自分があるのはバッファロー吾郎のおかげ」と公言している。

 友近の他にもブレイク前の笑い飯千鳥南海キャンディーズなどともイベントを行い、一見“売れ線”ではない若手の発掘に手腕を発揮している。

リスト::お笑い関連