バトルフロンティア

ゲーム

バトルフロンティア

ばとるふろんてぃあ
リスト::ポケモン --> ホウエン地方 --> バトルフロンティア
リスト::ポケモン --> 第3世代 --> ポケットモンスター エメラルド --> フロンティア
リスト::ポケモン --> シンオウ地方 --> バトルフロンティア
リスト::ポケモン --> 第4世代 --> ポケットモンスター プラチナ --> フロンティア
リスト::ポケモン --> ジョウト地方 --> バトルフロンティア
リスト::ポケモン --> 第4世代 --> ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー --> フロンティア
リスト::ポケモン --> バトル施設 --> バトルフロンティア

ポケットモンスター エメラルド

ゲームボーイアドバンスゲームソフトポケットモンスター エメラルド」で追加マップとしてゲームクリア後に行ける場所。

ゲーム中に出てきたあるキャラが強いトレーナーを招待しているため、ゲーム内のトレーナーには知らない人も多い。

ちなみに、「ポケットモンスター ルビー・サファイア」で出てきたバトルタワーのオーナーもこのような施設を作るのが夢だったらしい。


バトルフロンティアでは7つの施設があり、7つの要素(運・心・勇気・闘志・戦略・知識・才能)が試される。

各施設の中ではフロンティアブレーンと呼ばれる強力なトレーナーが一人ずついる。

施設を一定回数をクリアすると彼らとのバトルとなり、勝利すると施設に応じたシンボルが手に入る。

また、施設をクリアするとバトルフロンティア内で使えるポイント「バトルポイント(BP)」が手に入る。

このバトルポイントと引き換えで、貴重なアイテムやひみつきちに置くグッズ、珍しい技を覚えさせることが可能。

難易度が高いため、努力値個体値、性格なども考えた上で育成しなければ厳しいだろう。

施設の内容

バトルタワー
ルビー」「サファイア」にもあったバトルタワーの強化版。
ダブルバトルやマルチバトル、通信マルチバトル部門を新たに追加。
バトルドーム
『戦術』が試される。トーナメント方式。
バトルファクトリー
『知識』が試される。レンタルポケモンで戦うルール。
が、勝敗がレンタルポケモンに左右される場合がほとんどでバトルチューブより運要素が強いとの噂も。
バトルチューブ
『運』が試される。3つの道から1つを選んでゴールを目指す。
バトルアリーナ
『闘志』が試される。勝ち抜きチームバトル。
バトルパレス
『心』が試される。ポケモンに指示を出さずに自由に戦わせる。
バトルピラミッド
『勇気』が試される。7階建てのピラミッドを登っていくルール。

ポケットモンスター プラチナ/ハートゴールド/ソウルシルバー

ポケットモンスター エメラルド」に続いて、ニンテンドーDSゲームソフトポケットモンスター プラチナ」および「ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー」に登場。エメラルド版同様追加マップとしてクリア後に行ける場所。

プラチナ」および「ハートゴールドソウルシルバー」のバトルフロンティアは全部で5つの施設があるが、そのうちの2つはエメラルド版から引き続き登場。

エメラルドとの違いとして、すべての施設でワイヤレス通信やともだちコードを登録したともだちとニンテンドーWi-Fiコネクションを介してのマルチプレイが出来る。

その他概要はエメラルド版に準じる。

施設の内容

バトルタワー
GBA版バトルタワーの強化版。
ニンテンドーWi-Fiコネクションを利用して世界中の強者と対戦できる、Wi-Fi部門を新たに追加。
バトルファクトリー
エメラルド同様レンタルポケモンで戦うルール。
バトルフロンティアの施設でも極端に運に左右されやすい。
バトルステージ
1対1で各タイプのポケモンと戦う。1セット10戦。
連勝記録は各ポケモンごとに記録される。
バトルキャッスル
キャッスルポイント(CP)を使い、バトルの条件を変えることができる。
連勝を重ねるごとにCPを使って出来ることが増えてゆく。
バトルルーレット
各バトル前にルーレットでバトル条件が決まる。
自分に有利なものから不利なもの、また関係のないものがある。
運に左右されやすいように見えるが、ルーレット目押しは実際難しくもないとの噂。

アニメ

カントー地方に点在する7つの施設の総称。

ゲーム中のものと施設名とフロンティアブレーンが同じだが別設定ということになっている。

アドバンスジェネレーションのオープニング曲の一つ。

バージョン違いとして、ミュウと波導の勇者 ルカリオのオープニング曲もある。