スマートフォン用の表示で見る

バブルリング

アート

バブルリング

ばぶるりんぐ

bubble ring

水中で空気の泡がリング状に形成される渦巻きのひとつ。水中での遊び。

空気の輪が水中でドーナツ型の垂直断面を保ちながら回転することででき、泡が速く回転するほど形は保たれる。

どのような物理なのかは流体力学の分野で未だに議論されており、ボルテックスリング(vortex ring)などとも呼ばれる。

作り方

  1. 波や流れによる水の動きの少ない場所を選ぶ。
  2. 海底へ潜ってお腹を上にして水面に向いて安定した姿勢を保つ。
  3. 自分が潜った時の水の動きが納まるのを15秒ほど待つ。
  4. 水面と平行の向きになるようクチビルを向ける。(マスクを水平にして、更に頭を上に向く感じでしょうか)
  5. ほほが少しふくらむくらい口の中に空気をためる。
  6. クチビルの力を抜いて、水面に向けてポッと空気をはき出す。
  7. 空気をはき出したら、意識してクチビルを閉じる。(バブルリング以外の空気を出さないように速くクチビルを閉じる)
  8. 形のくずれた泡(失敗)の後は、水流がおさまるまで10秒ほど待つ。
  9. 再度、ほほをふくらませて、水面に向けてポッを空気をはき出す。
  10. クチビルを閉じる時は、空気の輪にスピンをかけるよう速く閉じる。
バブルリングのやさしい作り方