スマートフォン用の表示で見る

バベルの塔

読書

バベルの塔

ばべるのとう

The Tower of Babel(英)


旧約聖書の創世記第11章に登場するエピソード。絵画などのモチーフにも用いられ、非常に有名。

実際にはノアの系図の話とセムの系図の話の間に挟まった短い話で、創世記第11章の1で始まったら、すぐに(11章の9で)終わってしまう。

話のコアになっている「塔」とはメソポタミアの諸都市に建造されたジグラットのことで、バベルとは言うまでもなくバビロンバビロニア)である。


概略

ノアの大洪水後の世界。ノアの子らは諸民族の祖となり、増えていった。といってもこの時点ではみんな同じ言葉を話していた。

東の方シナルShinarの地に住んだ人々は石造の代わりに煉瓦を焼いて建築物を作るようになった。漆喰の代わりにはアスファルトを得た。それだけなら問題なかったが、さらに、

「頂が天空にも達するような塔と都市を建設しよう。そして名をなし、各地に散らばらされるのを防ごう」*1

とか言い出した。天*2に届くというのは割と不遜な表現だし、散らばらないというのは神の最初のオーダーである「産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ」に割と反する。

神はこれを見て「やっぱ言語が統一されてるからこういう作業を始めるんだよな」と思ったので、みんなの言葉をばらばらにして互いに通じないようにした。必然的に共同作業は不可能となり、(言語を同じくするグループ毎に)各地に散っていった。

計画通り。

*1欽定訳聖書による原文は次の通り。《And they said, Go to, let us build us a city and a tower, whose top may reach unto heaven; and let us make us a name, lest we be scattered abroad upon the face of the whole earth.》

*2:というか原文はheaven。つまりは天国