バリー・ラーキン

スポーツ

バリー・ラーキン

ばりーらーきん

Barry Louis Larkin

MLB選手。

右投右打、ポジションは遊撃手背番号は11番。


1964年4月28日生まれ。米国オハイオ州出身。

ミシガン大学でロサンゼルスオリンピック米国代表として出場。

1985年ドラフト1位でシンシナティ・レッズに入団。

1986年、メジャー昇格。

俊足巧打の遊撃手として活躍。

1990年ワールドシリーズ制覇に大きく貢献。

1995年、ナ・リーグMVPを受賞。

地元シンシナティの至宝、生え抜き選手として1980年代、1990年代のレッズを支えた。


2004年、現役引退。

実働19年間で通算2340安打、379盗塁を記録。オールスターゲーム出場12回。

親日家で知られる。

また、引退試合を辞退した選手として有名。

2005年、ワシントン・ナショナルズのフロント入り。


背番号11番は、引退後誰も着用しておらず、レッズ準永久欠番となっている。