バリ州の文化的景観

地理

バリ州の文化的景観

ばりしゅうのぶんかてきけいかん

「バリ州の文化的景観 : トリ・ヒタ・カラナの哲学を表現したスバック・システム」

(英名:Cultural Landscape of Bali Province: the Subak System as a Manifestation of the Tri Hita Karana Philosophy、仏名:Paysage culturel de la province de Bali : le système des subak en tant que manifestation de la philosophie du Tri Hita Karana)

2012年に登録されたインドネシアの世界遺産文化遺産)。寺院群と5つの棚田で構成されるバリ島の1万9500haのエリア。ウルン・ダヌ・バトゥール寺院?やタマン・アユン寺院?は、9世紀からの歴史を持つスバック?と呼ばれる共同灌漑システムを主導している。水を神として崇めるヒンドゥー哲学?の影響を受け、2000年前にバリとインドとの文化的交流の中で誕生した哲学的概念であるトリ・ヒタ・カラナ?は、神・人間・自然の調和を尊重し、自然と人間の共存を理想としたもので、このトリ・ヒタ・カラナ?哲学からスバック?という社会共同体組織が生まれた。スバック?民主的で平和的な農法によって、インドネシアの諸島の中でもっとも多作の米栽培農業を実現し、人口密度の高いバリ島での食料共有を可能にしてきた。王立のタマン・アユン寺院?は水を司っており、バリ島でもっとも大きく、もっとも印象的な建築物である。ほかにプクリサン灌漑設備、カトゥー・アンガ・バトゥカウ灌漑設備なども登録された。