バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院

地理

バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院

ばるせろなのかたるーにゃおんがくどうとさんぱうびょういん

(英名:Palau de la Música Catalana and Hospital de Sant Pau, Barcelona、仏名:Palais de la musique catalane et hôpital de Sant Pau, Barcelone)

1997年に登録、2008年に登録内容が変更されたスペイン王国の世界遺産文化遺産)。スペイン北東部カタルーニャ地方バルセロナにある。カタルーニャ音楽堂サン・パウ病院は、建築家ルイス・ドメネク・イ・モンタネル(1850〜1923年)によって、モデルニスモバルセロナを中心に、19世紀末から20世紀初頭にかけて流行した、フランスではアールヌーボーと呼ばれる芸術様式・芸術運動)の様式で建設されたもの。カタルーニャ音楽堂は、1905年から1908年にかけて建設されたコンサートホール。内部にはステンドグラスの施された天井などがあり、20世紀初頭のバルセロナにおいてモデルニスモの代表作とされている。サン・パウ病院は、1902年から1930年にかけて建築された、ドームを持つレンガ造りのムデハル様式イスラム建築と西洋キリスト教建築が融合したスペイン独特の建築様式)を取り入れた豪華な建造物である。