スマートフォン用の表示で見る

バルテュス

アート

バルテュス

ばるてゅす

画家。バルタザール・クロソフスキー・ド・ローラ。1908年〜2001年。

ポーランド貴族の出身。フランスで、ほぼ独学で絵を学んだ。

兄は作家のピエール・クロソフスキー

1967年に結婚した日本人の妻・節子・クロソフスカ・ド・ローラとの間に、娘ハルミ(ハルミ・クロソフスカ・ド・ローラ、ジュエリーデザイナー)をもうける。

1917年からスイスのベルン・ジュネーブ等で少年〜青年期を送った後、フランスへ渡った。後にローマでの生活を経て、1977年スイスへ戻り、以降は山間部の村ロシニエールにある館グラン・シャレで生活した。