バンアレン帯 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

サイエンス

バン・アレン帯

ばんあれんたい

Van Allen radiation belt

地球の上空2000〜5000kmと10000〜20000km、赤道を中心としたドーナツ状に取り巻く放射線帯のこと。

1958年アメリカ人工衛星エクスプローラー1号に搭載されたガイガーカウンターによる観測で発見され、この観測用測定装置を考案したジェームズ・A・バン・アレン博士にちなんで命名された。

高度2000〜5000kmに存在し陽子が多い内帯と、高度10000〜20000kmに存在し電子が多い外帯からなる。太陽風などにより飛ばされてきた粒子が、地球磁場に捉えられて形成されたものと推測されている。


ちなみにどうでもいいことだが、バレンタインデーについて「バン・アレン帯のお誕生日ですか?」と言うフレーズがゆうきまさみ著の漫画「究極超人あ〜る」に登場する。