バンスカー・シュティアヴニツァ歴史地区と近隣の工業建築物群

地理

バンスカー・シュティアヴニツァ歴史地区と近隣の工業建築物群

ばんすかーしゅてぃあう゛につぁれきしちくときんりんのこうぎょうけ

(英名:Historic Town of Banská Štiavnica and the Technical Monuments in its Vicinity、仏名:Ville historique de Banská Štiavnica et les monuments techniques des environs)

1993年に登録されたスロバキアの世界遺産文化遺産)。バンスカー・シュティアヴニツァスロバキア中部にある町。12世紀半ばに起源を持つオーストリア=ハンガリー二重帝国時代(1867〜1918年)にかけて、金・銀・銅の採掘とその精錬で発展した。ちなみに、バンスカー?スロバキア語で「鉱山」を意味する言葉である。1627年には火薬による採掘が始まり、1762年にはマリア・テレジアにより、この町にヨーロッパ初の鉱山技師養成専門学校設立された。17〜18世紀に最盛期を迎えたが、19世紀後半から鉱業は衰退を始めた。旧市街には、シュティアヴニツァ新城、聖カタリーナ聖堂、アントル教会、旧市庁舎、トリニティ広場など、ロマネスクゴシックルネサンスバロックの建築様式の遺構が残されている。