バント

[英] bunt

バントとは、野球ソフトボールにおける用語のひとつ。

公認野球規則では、「バットをスイングしないで、内野をゆるく転がるように意識的にミートした打球」と定義されている。

状況によってはヒットを狙うために行う事もあり、これをセーフティーバントと言う。

ルール上のバント

技術上のバント

  • ドラッグバントドラッグとは引きずるの意味。左打者がバットを抱えるように持ち、球を当てる前から助走をつけ、当てた瞬間一塁へスタートを切るバント。セーフティバントを狙うバントであり、一塁線に転がすのが一般的。
  • プッシュバント…バントシフト*2を敷いてくる野手の陣形を乱して、あわよくば打者走者もいきようとするバント。普通のバントは打球を殺すのが普通だが、プッシュバントは打球をある程度飛ばす為にインパクトのときバットを押し出す感じでミートする。特に投手一塁手二塁手の間に転がすバントをトライアングルバントともいう。
  • バスターバント…バスターとも。バントの構えをしたりして、野手を前進させて、突如ヒッティングの構えに切り替えて打つことをさす。奇襲作戦で使われることが多い。特性上当てることができれば、ヒットになる確率は高いが、打球が弱いため、野手の正面を突くと併殺プレーになりやすい。またバントの構えからヒッティングの構えのなるとき、目線が変わるためボールに当てることが難しい。

*1:走者がいるとき、打球を捕球した野手が進塁または帰塁しようとした走者をアウトにするために送球したものの、セーフになってしまい、打者走者が生きてしまうプレー。野選ともいう。

*2一塁手三塁手投手が打者の方向に猛ダッシュをかけて、バントに失敗するようにプレッシャーをかけたり、打球を素早く処理して進塁を妨げようとする陣形。一塁には二塁手がベースカバーに入り、二塁には遊撃手がベースカバーに入ることが多い。