パーチェス法

社会

パーチェス法

ぱーちぇすほう

M&Aなど企業結合の際に、被合併会社の資産負債を時価評価する会計手法の一種


買収対象企業の純資産と買収金額の差額をのれんとして計上する方法。このため、のれん償却のための費用が生じる。米国の企業結合に関する新会計基準では持分プーリング法を廃止し、国際会計基準審議会 (IASB) においてもパーチェス法に一元化される方向にある。