パウル・ハウサー

一般

パウル・ハウサー

ぱうるはうさー

年譜

第一次世界大戦では参謀将校として従軍.

1932年:中将で国防軍を退役し鉄兜団に入団.

鉄兜団はその後、SA(突撃隊)に統合されSA大佐、SS大佐を歴任.

その後SS戦闘部隊の初代総監に任命される.

SS-VT師団長として西部戦線東部戦線でも活躍.

1942年:SS装甲軍団

1944年:第2SS装甲軍団長、第七軍司令官.

1945年:G軍集団長.

戦後は武装SSの名誉を守るために活動した.武装SS相互扶助協会?


語録

「わたしのような老人にはそれでかまわん。だが、表にいる若者達にそれを強いることはできぬのだ。直ちにわたしの命令を軍団に通達したまえ」
1943年2月15日ハリコフ攻防戦?においてソ連軍の包囲を前にして,ヒトラーの死守命令を無視した.