スマートフォン用の表示で見る

パスカルズ

音楽

パスカルズ

ぱすかるず

1995年1月結成。14人編成(現在15人)のアコースティックオーケストラ的なグループとして、独自なサウンドを築く。

オモチャの楽器やピアニカバイオリン等を使ったサウンドは軽妙な中にエスプリユーモアを配し、他にはない開放感を聴く人に与える。

2001年2月、フランスの音楽家、パスカル・コムラード(パスカルズのグループ名の元となる人。現代のサティと呼ばれ、フランスの若者たちにカリスマ的人気を持つアーティスト)プレゼンツによるCDが全ヨーロッパアメリカで発売される。ル・モンド紙の“CHOC of The Month”、テレラマ誌の“ffff”シール、レス・インロックプティブル誌のシール(いずれも各誌のいち押し推薦盤に与えられるシール)を獲得。東洋独特のデリケートなメロディ。冒険心、遊び心などと、フランスの多くの音楽誌に絶賛される。

音楽性としては、テクニックやジャンルに頼らない表現を探し、日本で音楽をやる、という事を確認しながら、出来るだけニュートラルな地平に立ち、自由なイメージを目指す。聴く人へのプレゼントを心掛けたいと思っている。

2001年5月、11月末開催のフランス、レンネのトランス・ミュージックフェスティバルより招聘を受ける。

<メンバー>

ロケット・マツ/アコーディオン

斉藤哲也アコーディオン

あかね/トイピアノ

金井太郎/ギター

知久寿焼ウクレレ

原さとし/バンジョー

松井亜由美/バイオリン

うつお/バイオリン

大竹サラ/バイオリン

クリスチイヌ/バイオリン

坂本弘道チェロ

三木黄太/チェロ Kota's Draweres

永畑風人/トランペット

石川浩司パーカッション

横澤龍太郎/ドラム