スマートフォン用の表示で見る

パステルナーク

読書

パステルナーク

ぱすてるなーく

ボリス・パステルナーク(1891-1960)

ロシア詩人。長編小説『ドクトル・ジバゴ』(1956)でノーベル賞を受賞するが、政治的理由により受賞を辞退した。『ドクトル・ジバゴ』でパステルナークが、ロシア革命によって零落を余儀なくされた者たちの姿を主題に描いていたためである。1986年、ゴルバチョフ政権によるペレストロイカグラスノスチ政策によってロシア国内においても正当な評価を受けた。