パスパ文字

読書

パスパ文字

ぱすぱもじ

八思巴文字。方形文字。パクパ文字。

13世紀にモンゴル語など、大元ウルス(元朝)の各種言語表記に用いるために制定された表音文字。上から下へと縦に綴る。1642年に発足したチベットガンデンポタン政権のもとで、ダライ・ラマチベット・ハルハ・オイラトなどの諸国のモンゴル人王公たちに称号を授与する際、印章に称号を刻むための文字として採用された。