スマートフォン用の表示で見る

パトリオティズム

読書

パトリオティズム

ぱとりおてぃずむ

意味

【patriotism】 

地縁的な愛国主義。「ナショナリティ」に依らない愛国心

造られた「ネーションステート」と対比して、地域自治から始まる愛国運動。「ナショナリズム」と異なる公益を意識する考え方。

カントリー

大抵の英英辞典では、この語の一義的な対象は「country」であって、nationでもstateでもない*1

さて、countryも「国」ではあるのだが、「土地」とか「田舎」*2というのが第一義である。

この点から、「patriotismも本当は郷土愛のことだ」とか主張する日本人はしばしば存在する。

だが実際のところ、サミュエル・ジョンソンをはじめとする先人の言葉の数々*3を見れば明らかなように、「愛国心」と「patriotism」は、ほぼ一対一で対応する概念と言ってよい。むしろ「郷土愛」とは無縁な単語だと解する方が適切であろう*4

*1:第二義的にネーションやステートを対象としているのはよくあるが

*2:日本語で「いなか」だと故郷を指す事も多いが、カントリーはどちらかというと都会対地方とか都市対田舎とかの後者を指す概念である。むろんそれらが多くの人々にhomeという単語を連想させることまでは否定しないが

*3:例えば、quotedb.comのカテゴリ[uri]などを参照されたし

*4:郷土愛という単語をどう解するかによって変わってくるとは言えるにせよ