パトリック・エムボマ

スポーツ

パトリック・エムボマ

ぱとりっくえむぼま

Patrick Mboma

カメルーンの元サッカー選手。ポジションはフォワード

1970年11月15日生まれ。カメルーン・ドゥアラ出身。身長185cm、体重85kg。

経歴・プレースタイルなど

驚異的な身体能力を誇るストライカー。強烈な左足シュートを得意としており、時に想像もつかないようなアクロバティックなシュートを決める。

パリ・サンジェルマンフランス)、ガンバ大阪ACパルマイタリア)、東京ヴェルディ1969などを経て、ヴィッセル神戸で現役を終える。

ガンバ大阪では「浪花の黒豹」と呼ばれ親しまれた。1997年Jリーグ開幕戦ベルマーレ平塚戦で決めたリフティングからのボレーシュートは今でも語り草となっている。1997年シーズンは、Jリーグ得点王ベストイレブンを獲得した。

カメルーン代表では1998年と2002年のFIFAワールドカップ出場。アフリカネイションズカップは2000年と2002年の大会で優勝した。2000年のシドニーオリンピックにはオーバーエイジ枠で出場し、金メダルを獲得、2000年のアフリカ最優秀選手に選ばれた。2002年のW杯での日本における初ゴールを決めるなど、日本との縁も深く、三男の名前を日本にちなんで「健志」と名付けるなど、親日家として知られている。

好物はうどん*1寿司


リスト::サッカー選手

*1:一時期まで関西うどんといわれていたが、今回の来日時にうどんの東西の違いについては認識していないことがわかった