パトリック・ユーイング

スポーツ

パトリック・ユーイング

ぱとりっくゆーいんぐ

Patrick Aloysius Ewing

NBA選手・指導者。通称「ミスターニックス」。

ポジションはセンタープレイヤー背番号は33番。

1962年8月5日ジャマイカキングストン生まれ、米国マサチューセッツ州ケンブリッジ出身。

ジョン・トンプソン?監督率いるジョージタウン大学チームで活躍。1984年にはアキーム・オラジュワン?を擁するヒューストン大学を破り優勝。MVPに選ばれた。

同年のロサンゼルスオリンピックにアメリカ代表として出場し、金メダルを獲得。

1985年にはネイスミス賞を受賞。

同年にドラフト1位でニューヨーク・ニックスに指名され入団。新人王を受賞。

大学時代はディフェンスが優れた選手として知られていたが、プロ入り後はジャンプショットにも優れ、得点源として重宝された。

1988年からはオールNBAセカンドチーム、1990年にはオールNBAファーストチームに選出された。

1990年代のニックスのおいてチームの中核として活躍、「ミスターニックス」と呼ばれるようになる。

1992年、バルセロナオリンピックドリームチームに選ばれ2度目の金メダル獲得。

1994年のNBAファイナルでは、ファイナル記録となる通算30ブロックを挙げる。

1997年から4年間、選手協会の会長を務めた。1998-99シーズンには、NBA史上初ロックアウトとなったが、1999年2月に妥協に至り、50試合のシーズンを行った。

2000年、トレードに出したでシアトル・スーパーソニックスに移籍。

2001年、オーランド・マジックに移籍。シーズン終了後、現役引退。

生涯通算得点24815点、リバウンド11607本、ブロック2894本。

2002年、ワシントン・ウィザーズアシスタントコーチに就任。

2003年2月、背番号33がニックス永久欠番になる。

現在はヒューストン・ロケッツアシスタントコーチを続けている。