スマートフォン用の表示で見る

パノラマカー

地理

パノラマカー

ぱのらまかー

名鉄7000系・7500系・7700系の愛称。

7000系1961年6月に登場。

日本初の2階運転台を採用し、前面を客室に開放した車両として話題と人気を呼んだ。

連続窓、ミュージックホーン、デジタル式速度計、スカーレット一色の外部色など、一大エポックメーキングを築いた車両で、昭和37年にはブルーリボン賞を受賞した。

改良型の7500系、一般運転台の7700系とともに、名鉄特急車両としての一時代を彩った。

現在は後継の1000系2000系特急の座を譲り、急行・普通など一般車として、いまなお多数の車両が在籍している。しかし近年の車両老朽化に伴って、2008年12月26日に定期運行終了。2009年8月30日に引退。

7000系

1961年昭和36年)に登場した、「パノラマカー」の元祖。

1975年昭和50年)までに9回にわたって116両が製造された。

特急から普通まで幅広く活躍、「名鉄」=「パノラマカー」を決定付けた。

1982年昭和57年)より、座席指定特急用として、一部の車両を改装。白帯を巻いたことから「白帯車」と呼ばれた。

1984年昭和59年)より廃車が始まり、一部の車両の電気機器は8800系「パノラマDX?」に流用された。

1999年(平成11年)、座席指定特急の運用がなくなり、「白帯車」も順次、帯をはずしてスカーレット一色に戻る。

2008年(平成20年)12月26日、定期運用終了。

2009年(平成21年)8月30日、さよなら運転を行い、延べ17622日の歴史に幕を下ろす。

7500系

1963年(昭和38年)に登場した、7000系の改良型。

床面高さが7000系より低く、突き出た運転台が外観上の特徴。

性能的な問題で、他の系列とは混結できない。

全部で72両が製造された。

1992年(平成4年)より廃車が始まり、一部の車両の電気機器は1030系・1230系・1850系「パノラマSuper」に流用された。

7000系のような「白帯車」は存在しない。

床面高さが低いことが災いし、中部国際空港駅に乗り入れることができなかった。

2005年(平成17年8月6日をもって運用を離脱。

7700系

1973年昭和48年)に登場した、展望席のないパノラマカー

24両が製造され、支線直通特急などに使用された。

7000系同様に「白帯車」が存在した。

2005年現在、三河線広見線のローカル運用を中心に運用。

2010年2月26日をもって営業運転を離脱、同年3月21日にさよなら運転が行われる。4月5日に最後の車両が廃車回送

これをもって名鉄から7000番台が姿を消した。