PI からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

社会

パブリック・インボルブメント

ぱぶりっくいんぼるぶめんと

[英] Public Involvement (略称PI

パブリック・インボルブメントとは、公共事業を構想、計画、事業の立案する段階から実施にいたるまで、事業の進め方、経緯、内容等の情報を広く公開し、住民の意見を聞きながら事業を進めていく仕組み。「市民参画」または「住民参画?」と訳されることが多い。

空港整備事業、道路事業、鉄道事業といったインフラ事業に多く取り入れられている。日本では国土交通省の各地方支分部局や公団など公共事業を所管する組織が個別にパブリック・インボルブメントを導入していたが、手続きの標準化を図り、住民参画を促すため、2003年6月に国土交通省が「国土交通省所管の公共事業の構想段階における住民参加手続きガイドライン」を策定した。同ガイドラインでは、公共事業の構想・計画段階において、

  • 複数案の作成、公表
  • 手続きを円滑化するための組織の設置(協議会/第三者機関等の設置)
  • 住民等の意見を把握するための措置(インターネットの利用、説明会/公聴会の開催、意見書の受付等)
  • 案の決定過程の公表等

などを行うことを求めており、各項目についての基本的な考え方を定めている。