スマートフォン用の表示で見る

パブリックアート

アート

パブリックアート

ぱぶりっくあーと

博物館や美術館の中などで収蔵されたり展示されたりする作品とは異なり、街の公共的空間に常時ある美術作品のこと。


例えば、公園や道路にある銅像などが該当する。


美術館とは異なり、時間や季節を問うこと無く楽しむことが出来、また多くの場合、触ることにも支障がない。


最近では都市計画の一環として、街や駅などにパブリックアートを意図的に配置することで、地域の美術化・活性化を図る事例も多い。

代表的な事例としては『ファーレ立川』や『都営地下鉄大江戸線*1』などが挙げられる。

*1大江戸線は全駅構内にパブリックアートが設置され、利用者の目を楽しませている。