パペパプー

ゲーム

パペパプー

ぱぺぱぷー

擬音語

スーパーファミコンの作品の中で、特に音楽内容が酷い作品に向けて贈られる称号。

この言葉が誕生したきっかけは、スーパーファミコン版『イースIII』の音楽アレンジがあまりにも酷すぎることからだと言われている。

そもそも『イースIII』は名曲揃いで有名な作品だが、スーパーファミコン版のアレンジが他機種の『イースIII』に比べて(ネタとなる意味で)出来が悪かったことから注目を浴びだし、やがてこの擬音語が生まれ定着したと思われる。*1

他に“パペパプー”と呼ばれる作品に、スーパーファミコン版『餓狼伝説』シリーズなどが挙げられる。

関連動画

D

D

関連語句

*1トンキンハウスの作品については「トンキンサウンド」「トンキン節」などと言われることもある。