スマートフォン用の表示で見る

パルマス島事件

読書

パルマス島事件

ぱるますとうじけん

(Island of Palmas Case)

フィリピンミンダナオ島のサン・オーガスチン岬?と、オランダ東インド(当時)の北にあるナヌーサ群島?の中間にある孤島パルマス島?(別名ミアンガス島)の領有権を巡って、アメリカ合衆国オランダ1906年から争った領土紛争である。最終的には、1928年常設仲裁裁判所オランダの領土であるとの判決が下された。