スマートフォン用の表示で見る

パレオパラドキシア

動植物

パレオパラドキシア

ぱれおぱらどきしあ

約1300万年前に絶滅したとされる、束柱目の哺乳類

学名は「古代の不思議なもの」の意。

現在のカバあるいはセイウチに似た姿であったと思われる。

日本でも1984年8月21日、福島県伊達市梁川町広瀬川河床の梁川層で発見された。他に日本では岐阜県土岐市埼玉県秩父市群馬県安中市岡山県津山市でも化石が発掘されている。