スマートフォン用の表示で見る

パレスチナ問題

社会

パレスチナ問題

ぱれすちなもんだい

パレスチナの地をめぐって、イスラム教徒ユダヤ教徒、キリスト教徒が長年にわたり抱えている問題・確執のこと。パレスチナにはそれぞれの宗教の聖地が複数ある。エルサレムもそのひとつである。

確執の歴史は古くは紀元前に遡る。その間、かつての大国オスマントルコや、アメリカイギリスなどがこの問題に干渉し、それぞれの利害関係・思惑を持った外交手段をとり、より問題を根深いものにした経緯がある。

イスラム勢力側

ユダヤ勢力側

*1イスラエルが建国された時、もともとパレスチナの地に住んでいたアラブイスラム教徒キリスト教徒のこと。