スマートフォン用の表示で見る

パレスホテル東京

一般

パレスホテル東京

ぱれすほてるとうきょう

パレスホテル東京は、東京都千代田区丸の内にあり、株式会社パレスホテルが運営するホテル。

沿革

1947年GHQ連合軍最高司令部)の命令によりバイヤー専用の国有国営のホテルとして、旧帝室林野局庁舎(林野庁の前身)の施設を改築し、「ホテルテート」が建てられた。

1959年、土地建物が払い下げられ、「パレスホテル」として建て替えることになった。

1960年、「株式会社パレスホテル」を設立

1961年10月1日、国内外の賓客を迎えて開業披露パーティーを開催、新設備を備えた近代的ホテルとして誕生。

1963年、約166万枚の信楽焼の小口タイルを使用した外壁等が認められ、建築業協会賞を受賞。

1997年、ホテル業界で初めて、ホテル内での生ゴミを有機肥料に変える循環型リサイクルシステムを実現。

2009年1月31日、改装のため、休館。

2012年5月17日に「パレスホテル東京」としてオープン。

フロア

20-23F
客室
19F
クラブラウンジ、ビジネスセンター、ボードルーム、ミーティング ルーム
8-18F
客室
6F
レストラン(フランス料理日本料理)、ラウンジバー
5F
レストラン(中国料理)、結婚式場(チャペル)、スパ、フィットネスルーム、プール
4F
宴会場、ウエディングバンケットサロン
3F
結婚式場神殿)、ブライズルーム、写真館
2F
宴会場
1F
ロビー、フロント、オールデイダイニング、ロビーラウンジ、メインバー
B1F
ホテルアーケードペストリーショップ、美容室、フローリスト地下鉄連絡通路(2013年春開通予定)
B2-3F
駐車場(350台収容)