ゲーム

パワープレイ

ぱわーぷれい

戦略・戦術用語。有利な人数や武装を使って力で相手を押しつぶすやり方。


または、TRPGシステムの一種。

特定の世界を持たない汎用システムで、手加減のできる判定システムと、成長幅が小さくて長く遊べることが特徴。

パワープレイ(山北篤?
パワープレイ―ファンタジーRPG

パワープレイ―ファンタジーRPG

パワープレイ2(山北篤?
パワープレイ2

パワープレイ2

サプリメント
パワープレイ スーパースクリーン
アクセサリー
パワープレイ マジックマニュアル(山北篤?・細江ひろみ?
パワープレイマジックマニュアル

パワープレイマジックマニュアル

パワープレイ プログレス(山北篤?F.E.A.R.
パワープレイ・プログレス

パワープレイ・プログレス

TRPGのプレイスタイルの一つとして、戦略用語とほぼ同じ意味で「パワープレイ」という言葉が用いられることがある。そういったスタイルを持ったプレイヤーを「パワープレイヤー」と呼ぶ。

音楽

パワープレイ

ぱわーぷれい
  1. ラジオなどで、リスナーに売り込みたい曲またはアーティストを、一定時間ごとに流すこと。一週間や一ヶ月単位で変更されることが多い。ヘビーローテーションと同義。
  2. (1よりの派生で)自分の中で気に入っている曲・アーティストを重点的に再生すること。

「ワープ」の誤爆回避キーワード

スポーツ

パワープレイ

ぱわーぷれい
  1. アイスホッケーの試合で、相手チームの選手が反則による一時退場させられているときに、数的優位の状態でプレイすること。当然、積極的に点を取りにいく。ラグビーの「シンビン」に近い。
  2. サッカーで長身の選手などを押し立てて、とにかく点を取りに行く戦法のこと。