スマートフォン用の表示で見る

パンパン

一般

パンパン

ぱんぱん

「パンパンガール」や「パン助」と呼ばれることもあった。

日本が敗戦し、戦後、占領軍として駐留した米軍兵士(GI)を相手に、

街娼などとして春を売った(売らざるをえなかった)女たちのこと。

上級将校専属の女性をオンリー(onlyからきている)と呼ぶこともあった。

語源的には、インドネシア語の「プロムパン」から派生した言葉。

米軍兵士が日本に持ち込んで、

http://www001.upp.so-net.ne.jp/fukushi/year/1945.html

広まったともいわれている。

(関連:goo 辞書 大辞林 第二版にも記載がある。)


敗戦国の悲しい一面であるが、多くの国民は、

見て見ぬふりをしたり、「パン助」と呼んで軽蔑したりしながらも、

内心、米兵の豊かさの御裾分けを受ける彼女たちを羨ましく思う者も

(「パンパンガール」という言い方には、この面が幾分含まれている)

あった。

また、そうした女たちのお陰で、良家の子女が米兵の餌食にならずにすむ

(一般女性の性的犠牲に対する一種の防波堤、あるいは勝者に対する貢物、生贄)

と考える向きもあった。