スマートフォン用の表示で見る

パヴェーゼ

読書

パヴェーゼ

ぱべーぜ

チェーザレパヴェーゼ(Cesare Pavese).

イタリアの作家(1908-1950).

ピエモンテ州サント・ステファノ・ベルボに生まれる.

ファシズム政権への批判とアメリカ文学の摂取から文学活動に入る.故郷トリノ近郊の丘陵地帯を舞台とする作品を好んで書き,また孤独と連帯のあいだで常に苦悩する姿勢を示した.レオーネ・ギンズブルクやエイナウディの創った出版社エイナウディで編集を担当し,ファシズム当局に睨まれて投獄されたこともあった.名声を確立した直後の,1950年8月27日にトリノ駅前のホテルで多量の睡眠薬をのんで自殺した.最後の書置きは,「みなを許します.みなに許しを乞います.いいね?あまり騒ぎ立てないでください」だった.