ヒール&トゥ

一般

ヒール&トゥ

ひーるあんどとぅ

右足のつま先でブレーキを踏みながら、右足のかかとでアクセルを踏むこと。

  1. 目的 - シフトショックを和らげる。

解説

  1. ヒール アンド トードライビングテクニックビデオ アクセルオン (オートトレーダー ネットムービー)) - 動画。会員登録もパスワードも必要無し。
  2. Lecture (Driver-Net)
    1. ヒール・アンド・トウ
    2. ヒール・アンド・トゥとシフトダウン
    3. ヒール・アンド・トゥの練習法
    4. ヒール&トゥマニュアル車の運転テクニック (maru’s site))
  3. ブレーキを踏んでいる最中に、アクセルを煽りたいというだけの事。
    1. 注意点
      1. 公道で使うべき状況は、交差点と峠道。
      2. そういう状況が発生しない人は不必要な技術。
      3. 体が硬いひとには無理。ペダル配置によっても無理。
      4. うまくできれば、シフトショックの少ない運転が可能。
  4. 減速の際に回転数を落とさずにシフトダウンしたい時に行う。言い変えると減速後、即加速したときに適切なギアにブレーキングと同時にチェンジする技術。操作は、右足の爪先でブレーキしながら、左足でクラッチを切って右足の踵でアクセルを煽って回転数を合わせてシフトダウンする。
    1. 操作方法2
      1. ブレーキ踏んだまま減速
      2. クラッチ切る
      3. ギア抜く
      4. クラッチ繋ぐ (*:ダブルクラッチ併用の時)
      5. アクセル煽る (*:ダブルクラッチ併用の時)
      6. クラッチ切る (*:ダブルクラッチ併用の時)
      7. ギア入れる
      8. (アクセル煽る+) クラッチ繋ぐ
    2. その他
      1. 通常走行中は、クラッチペダルに足を乗せない。無意識のうちに踏んでしまうと、クラッチ板を痛める。
      2. 負荷がかかっているときに、シフトレバーを動かさない。負荷がかかっているときはギアは抜けない。この状態でシフトレバーに力を入れていると、シフトフォークが磨耗することがある。