スマートフォン用の表示で見る

ヒカシュー

音楽

ヒカシュー

ひかしゅー

巻上公一を中心にしたニューウェーブ・バンド。

1978年に結成。1979年ニューウェイブロック、テクノポップバンドとしてデビュー。

超絶的な歌唱力と、乾いたギターサウンド、

そしてリズムボックスやメロトロンといった、

ヒカシュー独特の音とその地下演劇的な内容が融合し、異彩を放っていた。

その後もテクノからノイズジャズから即興から民族音楽まで

様々なジャンルを取り込みながら、鋭く世界を抉る、

アイロニーと可笑しみに満ちた「ヒカシュー的世界」は一貫している。

現在でも東京を中心にライブ活動を定期的に行っている。

最新作は 『生きること』(makigami records)2008年4月発売。

アルバム

LP

CD

シングルEP

  • 20世紀の終りに(1979年
  • 白いハイウェイ1980年
  • ガラスのダンス(1981年)
  • 超少年(1981年)
  • モデル(1982年
  • 私はバカになりたい(1983年)

ジャンボシングル

CDシングル

  • 人間の顔(1988年)

CDマキシシングル

  • 入念(2007年)
転々

転々

入念

入念

Hikashu History

Hikashu History

生きること

生きること