スマートフォン用の表示で見る

ヒッタイト王国

地理

ヒッタイト王国

ひったいとおうこく

概略

B.C.1650-B.C.1200ごろ、古代アナトリア(現在のトルコ)に栄えた王国。首都ハットゥシャ(現在のボアズ・カレ、昔のボアズ・キョイ)。

なお、ヒッタイト Hittite とは、彼らの自称名である Hatti(ハッチ)がヘブライ語経由で英語化された言葉である。旧約聖書では「ヘテびと」(ヘット)と呼ばれ、アッシリア人はハッティと呼んだ。

言語は印欧系のヒッタイト語。

印欧系のハッチ人はB.C.2000頃からアナトリア地方に移住した*1。当時のアナトリアには非印欧系のハッチ人(これもHattiなので紛らわしい)が住んでいたが征服された。

その後、ハッチ人は原ハッチ人から継承した製鉄技術に加えて鋼の精製法をも編み出し(もちろんこれらの技術は門外不出の最高機密とされた)、一大帝国を古代オリエントに築いた。*2

一時ミタンニ王国覇権を奪われるなどの混乱もあったが、新王国時代には最盛期を迎える。

古バビロニア王国(バビロン第1王朝)・ミタンニ王国などを征服してメソポタミアを支配。またエジプトとはシリア覇権を争った(特に紀元前1285年頃のカデシュの戦いが有名)が、最終的には世界最古の国際条約とも呼ばれる和平を結び友好国となった。

その後、アッシリアの台頭や海の民?の侵入を受けて衰退・滅亡した。

歴代の王

  • ヒッタイト古王国 B.C.1680-B.C.1450
    • タバルナ
    • ハットゥシリ1世 エジプト王ラムセス2世と平和条約
    • ムルシリ1世 バビロン第1王朝を滅ぼす
    • ツィダンタ1世
    • アンムナ
    • フッツィヤ1世
    • テリピヌ
    • アルムワナ
    • ハンティリ2世
    • ツィダンタ2世
    • フッツィヤ2世
  • ヒッタイト新王国 B.C.1450-B.C.1200
    • トゥトハリヤ2世
    • アルヌワンダ1世
    • トゥトハリヤ3世
    • ハットゥシリ2世
    • スッピルリウマ1世
    • アルヌワンダ2世
    • ムルシリ2世
    • ワタリ
    • ムルシリ3世
    • ハットゥシリ3世
    • トゥトハリヤ3世
    • アルヌワンダ3世
    • スッピルリウマ2世

*1:逆にこの地方が印欧族の故地とする説もあり

*2:一般にはヒッタイト=製鉄技術という図式があるが、実際には征服活動にそれがどの程度寄与していたかはイマイチ分かってない点はアッシリア等とは異なる